生産性要件とは

生産性(1人あたりの仕事能率)の高い会社には助成金を割増する制度です。

 

助成金の支給申請等を行う直近の会計年度における「生産性」が
①その3年前に比べて6%以上伸びていること、または

②その3年前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること。

※②の場合は金融機関から一定の「事業性評価」を得ていることが必要です。
※算定対象期間に満たない会社は生産性要件の対象とはなりません。
生産性要件の算定対象期間中に、事業主都合による離職者を発生させていないことが必要です。

生産性とは、いわゆる「従業員一人当たりの付加価値」のことであり、ここでいう付加価値とは下記算式の分子の金額となります。

 

 生産性=営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課

             雇用保険被保険者数

※人件費については「従業員給与」のみを算定することとし、役員報酬等は含めません。
※助成金の申請では所定の様式「生産性要件算定シート」を厚生労働省のホームページよりダウンロードして計算することになります。

提出する資料
生産性要件算定シート、及び各勘定科目の証拠書類(損益計算書、総勘定元帳等)