男性従業員が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取組みを行い、男性従業員に一定の育児休業、又は育児目的休暇を取得させた会社が利用できます。


 男性従業員が育児休業を取得しやすい取組み(男性従業員向けのリーフレット作成など)を行い、その後、男性従業員が出生後8週間以内に開始する育児休業を取得する、又は子の出生前6週間出生後8週間以内に育児目的休暇を取得すると支給されます。
●対象となる育児休業期間は、連続5日(大企業は14日)以上
●対象となる育児目的休暇は、合計5日(大企業は合計8日)以上
 
助成額 ※〈 〉内は、生産性要件を満たした場合の額
育児休業1人目 57万円〈72万円〉(28.5万円〈36万円〉)
2人目以後の対象者 5日以上14日未満 14.25万円〈18万円〉 (大企業も同額)
14日以上1か月未満 23.75万円〈30万円〉 (大企業も同額)
1か月以上 33.25万円〈42万円〉 (大企業も同額)
育児目的休暇の導入・利用 28.5万円〈36万円〉(14.25万円〈18万円〉)
※育児休業は1 年度につき、1 企業10人まで支給、育児目的休暇は1 企業1 回までの支給